スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | | スポンサー広告

卒園式




先日の土曜日は長男の卒園式でした。

卒園式が始まり、歌を歌った後に卒園証書授与。先生が、ひとりひとりの良いところをコメントしながらの授与でした。

「こまってる友だちがいたら、いつも助けてくれました。」

「失敗しても、何度も挑戦してできるようになりました。」

「年下のお友だちのお世話をたくさんしてくれました。」

「たくさんのアイデアを出してくれました。」

「お手伝いが大好きでした。」

「自分の意見をしっかりと言えるようになりました。」

「給食が大好きでお代わりいっぱいして大きくなりました。」

「図鑑が大好きでものしりで、みんなに色々なことを教えてくれました。」


そんな言葉をもらって、嬉しそうに、ちょっと緊張しながら壇上に上がる子どもたち。


進行を間違えてしまった子に、みんなでにこにこしながら間違いを教えてあげる子どもたち。

形式的な行動が苦手な子がきちんと授与できた時は、みんなであたたかい拍手をして喜びを分かち合った子どもたち。


あぁ、長男はこの園での3年間、こんないい子たちや素敵な先生に囲まれて過ごせたんだな。本当に本当に良かった。

そう思ったら、涙がとまりませんでした。


長男も大きな声で証書を受け取り、歌いながらちょっと涙を流して、、、そんなふうに感じとれるようになった。

長男もこの3年間ですごく成長しました。


小学校に向けての不安は、ある。

けれど、3年前は嫌なことがあると園庭まで走って逃げていた長男が、隣の部屋のカーテンに隠れる程度になった。

2年前は舞台の上で私の姿を探して泣きそうになって言葉を発せなかった長男が、舞台の上でしっかり背すじを伸ばして、大きな声で話せるようになった。

1年前は人の顔はマル4つだったのに、まつげまで描けるようになった。


こだわりや執着心の強さは図鑑好きの物知りハカセへと、

切り替えの苦手さは集中力の高さへと、

長男らしく成長している。


私は長男の良いところをきちんと見つめて見守っていこうと思う。

園生活も残りあと10日ほど。
思う存分、友だちと遊んで、泣いて笑って転げまわってね。

2015.03.17 | | コメント(0) | トラックバック(0) | 未分類

あなたの未来、こどもの未来、あの子の未来

あなたが何歳だとしても、未来はある。

あなたも、子どもも、あの子も、たくさんの可能性がある。


あなたの未来はどうなふうでありたい?
子どもの可能性をどんなふうに広げる?
あの子の未来にあなたは繋がる?

だれもが尊い存在で力を持っています。
一人一人の可能性を、未来を、大人も子どもも一緒に考えて話しませんか。


*************************************************************

3月25日(水)、小平市中央公民館で市民学習奨励学級として『ことばのテーブル』を開催します。

講師はこども精神科医の小澤いぶきさん。
一人一人が認められ、尊重される多様で包摂的な社会の中で、
すべての人が自分自身のストーリーを未来まで紡いでいける生態系を目指してasobi基地やDICで活動されてます。

ファシリテーターはHaTiDORiの工藤瑞穂さん。
「小さくても、わたしはわたしにできることを」をコンセプトに、「寺フェス」など社会課題についての学びと対話の場を融合したチャリティーイベントを多数開催。地域の課題に楽しく取り組みながらコミュニティを形成されてます。
ふたりとも、すべての人をおもい、自分とつなげることで、自分の可能性も人の可能性も広げている素敵な女性です。
当日は、いぶきさんのお話、絵本の朗読、グループごとに分かれての対話をする予定です。

『ことばのテーブル』は、HaTiDORiとまんま暮らしの会がつくる、「子どももおとなもひとつのテーマについて一緒に考え、語り合う場」です。

こどもって、自分の中にある気持ちや考えをことばにするのがあまりうまくないだけで大人が思っている以上に色々なことを考えいたり、大事なことを当たり前のようにわかっていたりする。かと思えば、その発想にびっくりしたり。

こどもと同じ目線で話すのって、すごくおもしろい。

ひとが一生の中で体験する様々なこと、暮らしのなかにあるあたりまえになっているこ
とに「なんでだろう」と疑問を持って、ゆっくり考え子どももおとなも話す場です。


今回のテーマは、「あなたの未来、こどもの未来、あの子の未来」

自分のまんま生きたい。
自分のまんま生きて欲しい。
子どものまんまを愛したい。

そういう気持ちから「まんま暮らし」として色々と取り組んでいるのですが、
自分らしく生きるために人のことは気にしなくて良いよ、と伝えたいわけではなくて、

ひとりの人は、ただその人だけで成り立っているわけではなく、
その人の家族、環境、出会ってきた人たち、経験、読んだ本、、、色々なもので成り立っている。
「まんま」の中には、その全てが詰まっている。

自分、子ども、知ってるひと、知らないひと、世界のどこかにいる人々、
全てはなだらかにつながっていて、それぞれが少しづつ違っていて、
つながりの距離が長いと無関係だったり疎ましく思ってしまうこともあるかもしれないけれど、

すべての人が尊い存在で「まんま」の中にあるものだと感じ、自分にも人にも向き合えたら、
自分の可能性も、子どもの可能性も、あの子の可能性も広がると思ってます。

講座の詳細は以下になります。
市民の方のみとなってしまいますが、保育をつけたい方は14日までの申し込み、それ以外の方は前日まで申し込みを受け付けてるので、興味のある方はどうぞご参加ください。
↓↓
○日時:3月25日(水) 14時~16時
○会場:小平中央公民館 講座室2
○費用:無料
○定員:30名
○対象:大人、及び小学生以上の子ども(親子での参加大歓迎!)
○講師:小澤いぶき さん(こども精神科医)
○ファシリテーター:工藤瑞穂 さん(HaTiDORi 代表)
○申込:3月5日(木)より電話及びメール(先着順)
メールでお申し込みの場合、氏名(ふりがな)、住所、電話番号を明記し、
件名を「講座申込」として送信してください。保育も希望される場合には、
子どもの氏名(ふりがな)、性別、生年月日も明記してください。
※申込結果についてはメールまたは電話で連絡します。
○保育:18名(※おやつ代60円)
※申込み3月14日まで (3月18日現在、満6か月から学齢前まで、3人以上で開設)
3月18日(水)午後2時から保育オリエンテーションを行います。
○主催:小平市教育委員会
○企画運営:まんま暮らしの会
<問い合わせ先>
Eメール/mail@sunpolabo@sakura.ne.jp


コピー ~ ことばのテーブル

コピー ~ ことばのテーブル裏


※追記※
工藤瑞穂さんがレポを書いてくださいました。とても素敵な文章でまとめてくださっています。
http://mizuhokudo.com/2014/12/29/kotoba/

2015.03.09 | | コメント(0) | トラックバック(0) | まんま暮らし

35歳になりました

一昨日は、たくさんの誕生日メッセージをありがとうございました!!

雨の誕生日は、午前中に親子JAZZを聴きに、、、会場まで行きましたが、チケット完売だったのですごすご帰り、家でゆったり過ごしました。

みんなでカードゲームしたり、黒ひげしたり、絵本読んだり、宇宙兄弟の新刊読んだり、みなさまからいただいたメッセージを読んだり。

この日は主人がごはん3食作ってくれたので、なおさらまったりゆるゆる〜、でした。



そんな主人からは誕生日プレゼントにドライビングシューズとグローブをもらい、家の前でキャッチボール。

長男からは私の大好きな林檎、しかもその中でもすきな王林をプレゼントしてもらい、ほっこり。
(一か月前くらいから、毎日のように好きな林檎の品種を聞かれてました^ ^)


毎日、疲れることやイライラすることはたくさんあるのだけれど、それを含めて幸せだな、と思える今の環境に感謝です。


いつも思うことですが、私は本当に人に恵まれてる。

家族にも、友人にも、近所の方にも、職場にも子どもの先生たちにも。

よく「頑張ってるね」と言ってもらえるのだけれど、頑張って突っ走れるのは、そうできる周りがあってこそで、そんな環境にあることが本当にありがたいことなんだと思う。

ということで、みなさん、本当にありがとうございます。これからもよろしくお願いいたします!!



2015.03.03 | | コメント(0) | トラックバック(0) | 未分類

野川公園春の日まつりに出店します!

あと3日で3月ですね。
3月は私の誕生日であり、大好きな花・桜が咲いて外が気持ち良い、一番大好きな月でもあります。

その3月の22日に野川公園で開催される春の日祭りに、まんま暮らしとして出店いたします!!

270322N春の日まつり1

270322N春の日まつり2


半年前の秋の日まつりでは切り株サンタを作らせていただきましたが、今回は切り株カスタネット作りをします!

そこにあるものを受け入れてものづくりをする。作るだけでなく、日常の暮らし=ケの日を楽しんでもらう。

それがまんま暮らし。

なので、野川公園の木を剪定した時に出た枝でカスタネットを作るワークショップです。


前回のイベントも、ワークショップに加えてパークカフェ、生ライブ、プレイコーナーに絵本コーナー、パークレンジャーと楽しいこと盛りだくさんで、一緒に行った長男が一日中遊びまわって、全然私のもとに寄ってきませんでしたが(笑)、今回はもっと寄ってこなくなる予感がするほど楽しめそうです。

私の他にも、やまさき薫さんの缶バッチ作りやsafujiさんの革のキーカバー作り、空飛ぶクルクル草作りなど、楽しいワークショプも盛りだくさんです!

外にいるのが幸せなこの時期に、ぜひぜひ野川公園に遊びに来てくださーい^^

2015.02.26 | | コメント(0) | トラックバック(0) | まんま暮らし

もうすぐ一年生

長男がもうすぐ一年生です。
入学への準備を着々としています。

準備で悩んだのが机。
最初は、長男はさみしがりやなので子ども部屋で1人で勉強しないだろうから、宿題も食卓でやるかな。机はいらないかなー、と思っていたのですが。

長男は本を読むのが好きなため、気付いたらかなり目が悪くなってしまいました。

わが家は昼光色の照明であることと本を読む姿勢があまりよくないことが原因の一つといわれたので、机とデスクライトを用意することにしました。

じゃあどこに机を用意するか。。。、

色々悩んだ末に、カウンターの下に設置することにしました。

ボックス収納の上に、塗装した集成材の板を乗っけるだけの簡易な机。でもこれなら長さがあるので子どもたちが並んで勉強もできます。





さっそく下の子たちが乗って遊んでいますが、3人で並んで机に向かう日が楽しみです^ ^

2015.02.25 | | コメント(0) | トラックバック(0) | 未分類

大晦日の母



29日から実家に帰ってきています。

弟のところに3人目の子どもが産まれ、うちの子と一緒に実家でみていて保育園状態。

私の母はやたら働きもので、いつも朝5時前に起きてお弁当作り→家事→フルタイム仕事→家事→家業の手伝い→12時寝、みたいな感じですが、年末も相変わらず働きもの。

夜中までおせちを作っていたのに、朝4時に起きて市場に行って、昼間は孫と遊びならがら掃除して洗濯して11人分のごはん作り3食。私も多少手伝うけど、全然力足らず。

まだまだ親孝行はできない大晦日です。


毎年思うことですが、子どもを産んで、本当に周りの人たちに助けられいることを実感じます。

私は私で良かった。

たくさんの感謝の気持ち共に、強くそう思います。


よいお年を。
来年もよろしくお願いいたします!!




2014.12.31 | | コメント(0) | トラックバック(0) | 未分類

ホットサングリア




白ワインにカリンと黒糖を漬け込んだサングリアにシナモンを入れて温め、ホットサングリアに。

大掃除で疲れた身体に染み渡ります〜。

2014.12.28 | | コメント(0) | トラックバック(0) | 未分類

ことばのテーブル〜コドモもオトナも一緒に考えて話す場所〜

1月17日、武蔵小金井の2Fシャトーで、コドモもオトナも同じひとつのテーマについて、同じ目線で一緒に考え語り合う場を開催します。

仙台を拠点にチャリティーイベントやフェスを開催するHaTiDORiさんと、私の主催するまんま暮らしの共催で『ことばのテーブル』をはじめました。


こどもって、自分の中にある気持ちや考えをことばにするのがあまりうまくないだけで、急かさずに、同じ目線で話をしてみると、大人が思っている以上に色々なことを考えいたり、ひととしてすごく大事なことを、当たり前のようにわかっていたりする。かと思えば、笑っちゃうようなおばかなことを言い出したり、知らないとそう思うんだ!と、その発想にびっくりしたり。こどもと同じ目線で話すのって、実はすごくおもしろい。

ひとが一生の中で体験する様々なこと、暮らしのなかにあるあたりまえになっていることに「なんでだろう」と疑問を持って、ゆっくり考え子どももおとなも話しあってみましょう。

今回のテーマは、「結婚とこどもを生むこと」について。

「パパとママになることを夢見る人を増やしたい」という思いで、パパママと子どものいない若者が語り合う場をつくっている「ぱぱとままになるまえに」代表の西出博美さんをゲストにお迎えします。

もう結婚もしていて子どももいるパパ・ママ、おじいちゃんおばあちゃんは、「なぜ結婚したんだっけ、子どもをつくったんだっけ?」
若者は「結婚したいかな?子どもほしいかな?」
子どもは「結婚ってなんだろ?子どもが生まれるってなんだろ?」

同じテーマをそれぞれの立場から考え、お話しする場にしたいと思います^^

カフェシャトー2Fのテンチョ・あべさんがつくる、体にやさしい美味しいご飯を食べながら、みなさんでゆっくり楽しむ時間にしましょう。



こどもも若者もパパママもおじいちゃんおばあちゃんも、みなさん気軽にご参加ください。


Facebookのイベントページ(https://www.facebook.com/events/1530182750571933/)からでも、
Eメール(mail@sunpolabo.sakura.ne.jp)からでもお申し込みできますので、どうぞよろしくお願いします^ ^



2015/1/17(土)11:00-14:00
@小金井アートスポットシャトー2F(小金井市本町6-5-3)
おとな:1500円(シャトーランチ付)
こども(小学生まで):入場無料
※こども用ミニランチ500円もご用意しています

ゲスト:
西出博美(NPO法人ぱぱとままになるまえに 代表)

ファシリテーター:
工藤瑞穂(HaTiDORi)
鍵市千佳(まんま暮らしの会)


問い合わせ先:工藤 hatidori.peace@gmail.com

主催:HaTiDORi&まんま暮らしの会


◎HaTiDORi◎
「小さくても、わたしはわたしにできることを」をコンセプトに、仙台で音楽・ダンス・アート・フードと社会課題についての学びと対話の場を融合したチャリティーイベントを多数開催。地域の課題に楽しく取り組みながらコミュニティを形成していくため、お寺、神社、幼稚園など街にある資源を生かしながら様々なフェスティバルを地域住民とともにつくっている。
https://www.facebook.com/pages/HaTiDORi/311593958984001

◎まんま暮らし◎
「どこか」ではなく
「ここ」で、
家族のまんま
自然のまんま
季節のまんま
あなたのまんまで
暮らそう。

ただいまのそばで、
ケの日を楽しもう。

https://www.facebook.com/manmakurashi?fref=ts


2014.12.21 | | コメント(0) | トラックバック(0) | 未分類

あわてんぼうのぷっぷクロース

12月17日に開催した、あわてんぼうのぷっぷクロース。

おかげさまで、作ったぷっぷの木にはたくさんのぷっぷな実がなって、たくさん笑わせていただきました。






飯島玄麒さんの生演奏は心に響き、



ミニライブではお客さまがみな聴き惚れていました。




私はsunpolaboの商品を販売と、





絵本作りのワークショップをさせていただきました。






日々の暮らしの中には、楽しいことがたくさんひそんいる。

それを自分も楽しみたいし、みんなにも楽しんで欲しい。

日々のぷっぷとすることを書くことで思い出して、またぷっとして欲しいし、

会場でまちがい探しを楽しんで、ぷっと笑って欲しいし、

プレゼントを手に入れるために、こどもと一緒にむきになって楽しんで欲しい。


そんな気持ちを詰め込んだイベントでしたが、日々ぷっぷの仲間がいてわたしたちの気持ちに賛同して一緒に開催してくれたマスターがいて、こどもに手を振りながら演奏してくれた飯島さんがいて、快くゲスト参加してくれ色々なアドバイスをくれたていねいのじかんさんがいて、来てこの場を楽しんでくれたお客さまがいて、サポートしてくれた家族がいて。


だからこそできたものです。

本当にありがとうございました。


今日もぷっぷないちにちを。

2014.12.21 | | コメント(0) | トラックバック(0) | 未分類

絵本作りのワークショップ〜日々ぷっぷイベント〜

「日々ぷっぷ」

くちずさむと、なんだかちょっとくすぐったい。

「ぷっぷ、ぷっぷ、ひびぷっぷ」

子供と一緒にスキップしたくなる。

“日々”に“ぷっぷ”をつけただけでこんなに楽しいね。


あなたの暮らしの中の“ぷっぷ”はなぁに?



1年半ほど前から、母でありながら自分でしごとをしている仲間たちが集まって「日々ぷっぷ」というイベントを開催しています。

私はまんま暮らしとして、また、まんま暮らしなものづくりをしているsunpolaboとして参加し、イベントの企画や空間・制作をしています。

わたしたちが「しごと」をするのに、共通して大事にしていることがあります。

丁寧に良いものをつくる。話す。それは当然のことながら、暮らしの中のちょっとしたこと、、、

例えば、起きて、着替えて、食べて、洗濯して掃除して、子どもと遊んだり、仕事に行ったり、

そんな日々に、ちょっと"ぷっぷ"をくっつけるようなこと。

でも、そのちょとした"ぷっぷ”で、なんだか楽しい気持ちになる。笑顔になる。子どもと一緒にスキップしたくなる。



わたしたちの”ぷっぷ”に触れて楽しんでもらえたら嬉しいし、

みなさまからも"ぷっぷ"を分けてもらえら嬉しいし、

それぞれみなさまの中に新たな”ぷっぷ”が芽生えたらすごく嬉しい。


そんなおもいの中で、みなさんの日常の中のぷっと笑ってしまうようなネタを集めながらイベントをしています。


次回のイベントは12月17日。

日々ぷっぷとして一緒に企画制作を担当しているフロモハさんとコラボして、絵本作りのワークショップを行います。



私はこどもの頃から大切に持ち続けている絵本が何冊もあります。

こどもたちも絵本が大好きで、毎晩読んでとせがんできます。
私とこどもとの大事な時間をつくってくれるもの。

何度も読んで、擦り切れても、やぶれても、いつまでも宝物。

そんな絵本を自分たちの手で作り、
日々の暮らしをもっと色鮮やかにしてもらえたら嬉しいです。

絵本の中身は日々ぷっぷのブログに載せてあるので、ぜひ見てみてください^ ^

http://s.ameblo.jp/happinessnude/entry-11963910801.html

2014.12.14 | | コメント(0) | トラックバック(0) | 未分類

«  | ホーム |  »

visits

プロフィール

ちぃ

Author:ちぃ
猪突猛進系。
思い立ったら即行動。
嘘をつくのは苦手です。

2男1女の母となり、あっさり親バカになりました。

アトリエ9建築研究所等で不動産コンサルタント1年、建築デザインの設計監理5年経験。出産育児による退職後はsunpolaboを主宰し、暮らす服や雑貨のデザイン開発から制作までを行っています。また、ひとりひとりのポテンシャルを最大限に活かす生活空間づくりの提案等、「まんま暮らし」な衣食住を提案しています。

宅地建物主任者
福祉住環境コーディネーター2級
整理収納アドバイザー1級

家の前は緑溢れる自転車道で近くには小金井公園があり、いつも四季を感じて生活しています。

色とりどりに美味しそうなものが詰まった御膳のようなブログが書けるよう、精進したいと思います。

sunpolabo

sunpolabo online shop(サンポラボ オンラインショップ)

amazon

検索フォーム

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。