スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | | スポンサー広告

食物アレルギーについて~新聞より~

今日から、朝日新聞の生活面「患者を生きる」の欄の特集が子供の病気~食物アレルギーについてになりました。
6回に渡って連載されるそうです。

食物アレルギーの子を持つ母としては、非常にありがたい特集です。

紙面で紹介されていた子供は、生後7ヶ月の時にグラタンのホワイトソース1さじに反応してアナフィキライーショックを起こしたそうです。意識を失い、血液中の酸素が不足し顔がどす黒くなり、一時は医者にダメかもしれないといわれたとのこと。

うちは発疹のみでアナフィキラシーを起こしたことはないのですが、それでも始めての食材を与える時は、アナフィキラシーを起こしませんように、とドキドキしながらあげています。

医者からは、神経質になって偏った食材だけを与えて栄養のバランスが悪くなるのは良くないので、アレルギーがあることがわかっているものと強いアレルギー症状が出るおそれのあるもの以外は色々とあげていって下さいと言われ、アレルギー症状が出たときのためにセレスタミンシロップが処方され、外に出るときはいつも持ち歩くように言われています。

なので、ドキドキしながらも色々な食材をあげるようにしているのですが、今回の病気騒ぎのように蕁麻疹や発疹が出たとき、それが食物アレルギーによるものなのか、体の疲れによるものなのか、ウイルス性の病気によるものなのかわからなくて、あれこれ考えてしまいます。病院に行ってもはっきりとしないことも多く、そうすると滅多なことがなけれぼ病院に行かなくなってしまったり。

結局は、アレルギーが落ち着くまでドキドキして、あれこれ悩みながらやっていくしかないんでしょうね。


そして、今日の新聞の社会面にも食物アレルギーについて載っていました。

食物アレルギーの原因となる食物を食べて直す「経口免疫療法」を受けても、治ったと言える患者は1~5割にとどまっており、重い副作用を経験する例も多い、という記事でした。

治療後食べ続けている時は症状がでないのですが、休止後に食べると3~5割重い副作用が出たようです。


大きくなれば、そのうち自然に治るさ、と思ってはいるのですが、こういったこともある程度視野にいれておかなければいけないですね。



にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村

スポンサーサイト

2012.01.25 | | コメント(2) | トラックバック(0) | アレルギー・喘息

コメント

色んな情報を見たり、聞いたりするといざと言うときに役にたちそうだよね。

神経質になっちゃいけないのは分かってても、何かあったらと思ったら安全な食材が私なら増えそう↓

お医者さんと薬を信じて、チャレンジする気持ちが必要なんだね。

本当、1日もはやく
少しでも改善していくといいね。

2012/01/25 (水) 08:21:36 | URL | ★ゃの #- [ 編集 ]

★ゃのさんへ

鶏肉はまだ食べさせないでと医者に言われているため、鶏肉を食べさせないで豚肉や牛肉を食べさせた時はけっこうドキドキしました。あと、検査結果では平気だった牛乳も。検査では何ともなくても反応が起こることはよくあるらしので。

卵や鶏肉が食べれない分、他でたんぱく質を補わないとなので、食べられるとわかったものが増えて嬉しいです!!

2012/01/25 (水) 10:52:15 | URL | ちぃ #- [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

visits

プロフィール

ちぃ

Author:ちぃ
猪突猛進系。
思い立ったら即行動。
嘘をつくのは苦手です。

2男1女の母となり、あっさり親バカになりました。

アトリエ9建築研究所等で不動産コンサルタント1年、建築デザインの設計監理5年経験。出産育児による退職後はsunpolaboを主宰し、暮らす服や雑貨のデザイン開発から制作までを行っています。また、ひとりひとりのポテンシャルを最大限に活かす生活空間づくりの提案等、「まんま暮らし」な衣食住を提案しています。

宅地建物主任者
福祉住環境コーディネーター2級
整理収納アドバイザー1級

家の前は緑溢れる自転車道で近くには小金井公園があり、いつも四季を感じて生活しています。

色とりどりに美味しそうなものが詰まった御膳のようなブログが書けるよう、精進したいと思います。

sunpolabo

sunpolabo online shop(サンポラボ オンラインショップ)

amazon

検索フォーム

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。