スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | | スポンサー広告

幽霊屋敷に早変わり...

先ほど、金縛りにあいました。
体質なのかなんなのか、わたしはよく金縛りにあいます。
大概は力を抜いて呼吸に専念すれば体が起きるようになるし、さっさと諦めて睡眠の世界に戻ることもよくある。
でも、三年に一度くらい、ものすごく激しい(?)金縛りにおそわれる。
さっきがそうでした。

わたしが激しい金縛りにおそわれる時は部屋を明るくしている時です。
自分の部屋の様子が見えるし(記憶上のビジョンで、本当は見えてないのかもしれない)、隣の部屋の物音や話声は聞こえるのに、全く動けない。叫ぼうとしても声がでない。
意識上の視線だけが、自分を離れて宙に浮く。
先ほどの金縛りも辛かった。

今日は精神的にも疲労が溜まっていたので、帰ってきてすぐに布団に横になった。
でも、久しぶりに同居人2人がリビングに揃っていたからそこに行きたかったし、彼氏に送りたいメールもあったので起きようとした。

推定時間AM1時。

意識は覚醒しているのに、力をいれても体が全く動けない。声がでない。無理やりなら目は開けられる。
(意識上で開けてるだけかもしれない)

一度力を緩めてみたりして、何度も何度も起きるのを試みるんだけれど起きれない。
そのうち、視線だけが宙を浮いてリビングに行こうとする。携帯を手に取ろうとする。
でも、途中でうまくいかない。

そんなことを何度も何度も繰り返していると、「ずっとこのまま動けなくなるのでは」と不安になってくる。
余計に力を込めて起きようとする。

・・・・結局、金縛りが解けたのはAM2時。

ずっと力を入れていたせいか、腕は痺れ、喉は痛く、心臓はバクバク。

昔は幽霊の仕業だと思っていた。意識上の視線が動くのは、幽体離脱だと思っていた。

今は、頭の上では違うとわかっているけれど、激しい金縛りにあうとやっぱり怖い。
自分の部屋が、一瞬にして幽霊屋敷に早変わり。

あぁ、本当に怖かったぁ~(>_<)

スポンサーサイト

2006.05.22 | | コメント(0) | トラックバック(0) | 日々のできごと・感じたこと

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

visits

プロフィール

ちぃ

Author:ちぃ
猪突猛進系。
思い立ったら即行動。
嘘をつくのは苦手です。

2男1女の母となり、あっさり親バカになりました。

アトリエ9建築研究所等で不動産コンサルタント1年、建築デザインの設計監理5年経験。出産育児による退職後はsunpolaboを主宰し、暮らす服や雑貨のデザイン開発から制作までを行っています。また、ひとりひとりのポテンシャルを最大限に活かす生活空間づくりの提案等、「まんま暮らし」な衣食住を提案しています。

宅地建物主任者
福祉住環境コーディネーター2級
整理収納アドバイザー1級

家の前は緑溢れる自転車道で近くには小金井公園があり、いつも四季を感じて生活しています。

色とりどりに美味しそうなものが詰まった御膳のようなブログが書けるよう、精進したいと思います。

sunpolabo

sunpolabo online shop(サンポラボ オンラインショップ)

amazon

検索フォーム

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。