スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | | スポンサー広告

共感すること、考えること、子どもに伝えたいこと

ここのところ、私は、「自分の頭で考える」ことについて考えています。


例えば、この文章。

「この時代に生きる私たちの矛盾」

ビルは高くなったが 人の気は短く
高速道路は広くなったが 視野は狭くなり
お金は使ってはいるが 得るものは少なく
たくさん物は買っているが 楽しみは少なくなっている
家は大きくなったが 家庭は小さくなり
より便利にはなったが 時間は前よりも少なく
たくさんの学位をとっても センスはなく
知識は増えたが 決断することは少ない
専門家は大勢いるが 問題は増えている
薬も増えたが 健康状態は悪くなっている

飲み過ぎ吸い過ぎ浪費し 笑うことは少なく
猛スピードで運転し すぐ怒り
夜更かししすぎて 起きた時は疲れすぎている
読むことは希で テレビは長く見るが 
祈ることはとても希である
持ち物は増えているが 自分の価値は下がっている
喋りすぎるが 
愛することは希であるどころか憎むことが多すぎる

生計の立て方は学んだが 人生を学んではいない
長生きするようになったが 長らく今を生きていない
月まで行き来できるのに 近所同士の争いは絶えない
世界は支配したが 内世界はどうなのか
前より大きい規模のことは成しえたが 
より良いことは成しえていない

空気を浄化し 魂を汚し
原子核を分裂させられるが 偏見は取り去ることはできない
急ぐことは学んだが 待つことは覚えず
計画は増えたが 成し遂げられていない
たくさん書いているが 学びはせず
情報を手に入れ 多くのコンピュータは用意しているのに
コミュニケーションはどんどん減っている
ファースト・フードで消化は遅く
体は大きいが 人格は小さく
利益に没頭し 人間関係は軽薄になっている
世界平和の時代と言われているのに 家族の争いは絶えず
レジャーは増えても 楽しみは少なく
たくさんの食べ物に恵まれても 栄養は少ない
夫婦で稼いでも 離婚は増え
家は良くなったが 家庭が壊れている

忘れないでほしい 
愛するものと過ごす時間を
それは永遠に続かないのだ
忘れないでほしい 
すぐそばにいる人を抱きしめることを
あなたが与えることができるこの唯一の宝物には 
1円もかからない
忘れないでほしい 
あなたの愛するパートナーや愛する者に「愛している」
と言うことを 心を込めて

あなたの心からのキスと抱擁は傷を癒してくれるだろう
忘れないでほしい 
もう逢えないかもしれない人の手を握り
その時間を慈しむことを
愛し 話し 
あなたの心のなかにあるかけがえのない思いをわかち合おう
人生はどれだけ呼吸し続けているかで決まのではない

どれだけ心の震える瞬間があるかだ

ジョージ・カーリン
佐々木圭一 訳


この詩に心うたれる人は多いのでないのでしょうか。私は心うたれました。

心うたれたのは、自分の心の中で漠然と感じていることが対比されたわかりやすい文章で読み、共感したからなのだと思います。


よくよく読むと、本当にそうかな?と感じる箇所もいくつかあるのですが、なんとなく全体的に共感し、そして最後の部分が強く胸に響くので、この詩をまるごと、あぁ、そのとおりだな、と思ってしまう。

自分の考えが言語化してある気になり、それがまるごと自分の考え、思いだと思ってしまう。

そして、FacebookやTwitterだと、そのままシェアしてしまう。そうして自分が発信した気になる。


共感と、考えることは違うのに。


これって、けっこう怖いことだな、と思います。


例えば上記の詩の内容を、すごく話術のある政治家が語る。それに強く共感を覚えると、その人が言っていること丸ごと支持してしまいかねない。

その事柄を解決する方法が、よくよく考えると実はおかしいぞ、と思うことでも。


そういった感覚は、情報操作による攻撃心やファシズムだったりを産み出したり、身近なところだとネットいじめ的なものも産み出したり、その人にそってない「〜ねばならない」を産み出すのではないでしょうか。


共感することはすごく大事で、そこからうまれるもののパワーがすごいことを成し遂げるのも確か。

でも、考えたつもり、にならないで、自分自身を主役にし、きちんと自分の頭で考えることが一番大事だと思います。

それには、共感を覚えても、もう一度自分の頭で考えるくせをつけること。例えば、逆の思想から書かれた本を読んでみた上で、自分に当てはめて例え話を考えてみるとか。そして、考える材料として、たくさんのことを知ること。


これから先、もっともっと洗練された情報が増えてくると思います。だから、子どもたちには、とにかく考えること、考える続けること、そしてたくさんのことを知ることができるようになって欲しいなと思います。




なんて、

そんなことをなぜいちいちブログに書いているのか。


子どもが生まれるまで、私は仕事にやりがいを感じ、親や恋人、友人にもめぐまれていたので、良い意味で「いつ死んでも良い」と思っていました。


けれど、子どもが生まれて、この子が成長するまではきちんと育てたい、生きていたいと思うようになりました。

そして、3.11の震災で心の準備なしに家族や親しい人が亡くなる辛さをみて、もし死ぬならば、準備のできる死が良い、子どもに伝えたいこともあるし、
子どもにも準備の時間を用意して欲しいと思うようになりました。


私はいま、ピンピンに元気だけど、もしかしたら明日事故で死ぬかもしれない。

だから、いまの幸せを感謝して子どもに伝えると共に、私の考えとか、何かを生み出す想像力(&創造力)、子どもたちをどんなふうにみて、どんな時に喜びを感じ、どんな時に困難を感じたのか、そういうことを少しずつ記してていきたいな、と、そんなことを思ったんです。


それもまた、震災によってかんがえた、自分にできることかな、って。


そんなこんなで、また朝がきて1日が始まります。子どもの笑顔と騒がしい声、そして泣き声。

それがとても幸せなことだと、毎日思うのは難しいけど、時々きちんとその気持ちに向き合いたいです。

スポンサーサイト

2014.03.18 | | コメント(0) | トラックバック(0) | 日々のできごと・感じたこと

«  | ホーム |  »

visits

プロフィール

ちぃ

Author:ちぃ
猪突猛進系。
思い立ったら即行動。
嘘をつくのは苦手です。

2男1女の母となり、あっさり親バカになりました。

アトリエ9建築研究所等で不動産コンサルタント1年、建築デザインの設計監理5年経験。出産育児による退職後はsunpolaboを主宰し、暮らす服や雑貨のデザイン開発から制作までを行っています。また、ひとりひとりのポテンシャルを最大限に活かす生活空間づくりの提案等、「まんま暮らし」な衣食住を提案しています。

宅地建物主任者
福祉住環境コーディネーター2級
整理収納アドバイザー1級

家の前は緑溢れる自転車道で近くには小金井公園があり、いつも四季を感じて生活しています。

色とりどりに美味しそうなものが詰まった御膳のようなブログが書けるよう、精進したいと思います。

sunpolabo

sunpolabo online shop(サンポラボ オンラインショップ)

amazon

検索フォーム

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。