スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | | スポンサー広告

共感すること、考えること、子どもに伝えたいこと

ここのところ、私は、「自分の頭で考える」ことについて考えています。


例えば、この文章。

「この時代に生きる私たちの矛盾」

ビルは高くなったが 人の気は短く
高速道路は広くなったが 視野は狭くなり
お金は使ってはいるが 得るものは少なく
たくさん物は買っているが 楽しみは少なくなっている
家は大きくなったが 家庭は小さくなり
より便利にはなったが 時間は前よりも少なく
たくさんの学位をとっても センスはなく
知識は増えたが 決断することは少ない
専門家は大勢いるが 問題は増えている
薬も増えたが 健康状態は悪くなっている

飲み過ぎ吸い過ぎ浪費し 笑うことは少なく
猛スピードで運転し すぐ怒り
夜更かししすぎて 起きた時は疲れすぎている
読むことは希で テレビは長く見るが 
祈ることはとても希である
持ち物は増えているが 自分の価値は下がっている
喋りすぎるが 
愛することは希であるどころか憎むことが多すぎる

生計の立て方は学んだが 人生を学んではいない
長生きするようになったが 長らく今を生きていない
月まで行き来できるのに 近所同士の争いは絶えない
世界は支配したが 内世界はどうなのか
前より大きい規模のことは成しえたが 
より良いことは成しえていない

空気を浄化し 魂を汚し
原子核を分裂させられるが 偏見は取り去ることはできない
急ぐことは学んだが 待つことは覚えず
計画は増えたが 成し遂げられていない
たくさん書いているが 学びはせず
情報を手に入れ 多くのコンピュータは用意しているのに
コミュニケーションはどんどん減っている
ファースト・フードで消化は遅く
体は大きいが 人格は小さく
利益に没頭し 人間関係は軽薄になっている
世界平和の時代と言われているのに 家族の争いは絶えず
レジャーは増えても 楽しみは少なく
たくさんの食べ物に恵まれても 栄養は少ない
夫婦で稼いでも 離婚は増え
家は良くなったが 家庭が壊れている

忘れないでほしい 
愛するものと過ごす時間を
それは永遠に続かないのだ
忘れないでほしい 
すぐそばにいる人を抱きしめることを
あなたが与えることができるこの唯一の宝物には 
1円もかからない
忘れないでほしい 
あなたの愛するパートナーや愛する者に「愛している」
と言うことを 心を込めて

あなたの心からのキスと抱擁は傷を癒してくれるだろう
忘れないでほしい 
もう逢えないかもしれない人の手を握り
その時間を慈しむことを
愛し 話し 
あなたの心のなかにあるかけがえのない思いをわかち合おう
人生はどれだけ呼吸し続けているかで決まのではない

どれだけ心の震える瞬間があるかだ

ジョージ・カーリン
佐々木圭一 訳


この詩に心うたれる人は多いのでないのでしょうか。私は心うたれました。

心うたれたのは、自分の心の中で漠然と感じていることが対比されたわかりやすい文章で読み、共感したからなのだと思います。


よくよく読むと、本当にそうかな?と感じる箇所もいくつかあるのですが、なんとなく全体的に共感し、そして最後の部分が強く胸に響くので、この詩をまるごと、あぁ、そのとおりだな、と思ってしまう。

自分の考えが言語化してある気になり、それがまるごと自分の考え、思いだと思ってしまう。

そして、FacebookやTwitterだと、そのままシェアしてしまう。そうして自分が発信した気になる。


共感と、考えることは違うのに。


これって、けっこう怖いことだな、と思います。


例えば上記の詩の内容を、すごく話術のある政治家が語る。それに強く共感を覚えると、その人が言っていること丸ごと支持してしまいかねない。

その事柄を解決する方法が、よくよく考えると実はおかしいぞ、と思うことでも。


そういった感覚は、情報操作による攻撃心やファシズムだったりを産み出したり、身近なところだとネットいじめ的なものも産み出したり、その人にそってない「〜ねばならない」を産み出すのではないでしょうか。


共感することはすごく大事で、そこからうまれるもののパワーがすごいことを成し遂げるのも確か。

でも、考えたつもり、にならないで、自分自身を主役にし、きちんと自分の頭で考えることが一番大事だと思います。

それには、共感を覚えても、もう一度自分の頭で考えるくせをつけること。例えば、逆の思想から書かれた本を読んでみた上で、自分に当てはめて例え話を考えてみるとか。そして、考える材料として、たくさんのことを知ること。


これから先、もっともっと洗練された情報が増えてくると思います。だから、子どもたちには、とにかく考えること、考える続けること、そしてたくさんのことを知ることができるようになって欲しいなと思います。




なんて、

そんなことをなぜいちいちブログに書いているのか。


子どもが生まれるまで、私は仕事にやりがいを感じ、親や恋人、友人にもめぐまれていたので、良い意味で「いつ死んでも良い」と思っていました。


けれど、子どもが生まれて、この子が成長するまではきちんと育てたい、生きていたいと思うようになりました。

そして、3.11の震災で心の準備なしに家族や親しい人が亡くなる辛さをみて、もし死ぬならば、準備のできる死が良い、子どもに伝えたいこともあるし、
子どもにも準備の時間を用意して欲しいと思うようになりました。


私はいま、ピンピンに元気だけど、もしかしたら明日事故で死ぬかもしれない。

だから、いまの幸せを感謝して子どもに伝えると共に、私の考えとか、何かを生み出す想像力(&創造力)、子どもたちをどんなふうにみて、どんな時に喜びを感じ、どんな時に困難を感じたのか、そういうことを少しずつ記してていきたいな、と、そんなことを思ったんです。


それもまた、震災によってかんがえた、自分にできることかな、って。


そんなこんなで、また朝がきて1日が始まります。子どもの笑顔と騒がしい声、そして泣き声。

それがとても幸せなことだと、毎日思うのは難しいけど、時々きちんとその気持ちに向き合いたいです。

スポンサーサイト

2014.03.18 | | コメント(0) | トラックバック(0) | 日々のできごと・感じたこと

「いま」の幸せを感じ、喜ぶこと。

久しぶりのブログ更新です。

ここのところ、考えていることがたくさんあって、それをまとめようとしていたのですが、言葉が積もり積もって収集つかなくなっていました。

なので、まとめることはいったん横に置いて、最近感じたことを書いてみることにしました。


以前のブログにも書いたことがあるのですが(http://chiigozen.blog.fc2.com/blog-entry-267.html)、私は大仙院の「今こそ出発点」という言葉がとても好きです。


***********************************************

今こそ出発点


人生とは毎日が訓練である

わたくし自身の訓練の場である

失敗もできる訓練の場である

生きているを喜ぶ訓練の場である

今この幸せを喜ぶこともなく

いつどこで幸せになれるか

この喜びをもとに全力で進めよう


私自身の将来は

今この瞬間ここにある

今ここで頑張らずにいつ頑張る


***********************************************


以前は、

私自身の将来は
今この瞬間ここにある
今ここで頑張らずにいつ頑張る

というところに強く共感を覚えたのですが、最近は、

今この幸せを喜ぶこともなく
いつどこで幸せになれるか
この喜びをもとに全力で進めよう

というところに深い共感を覚えるようになりました。


主人と小さな子ども3人いる生活や、
その子どもの個性、
いま住んでいるこの場所、
そして、いままで生きてきた中で形成された自分自身。


この「いま」を受け入れて寄り添うこと。
この「いま」の幸せを感じ、喜ぶこと。

常に「いま」全てで、それの集合体が人生なんだなー、と。


そう考えたら、ちょっと前まで大変だ大変だと思っていたことが楽になったり。

いや、今でも毎日のように大変だ大変だと思ってしまうけど、シリアスではなくなりました。


とはいえ、バランスを崩して、シリアスに大変だ、しんどいよと思い悩むこともたびたびあるのだろうと思います。

そんな時は訓練の時。

その状況の中での幸せや喜びを見出していけたらいいな。


さて、長女は一歳になりました。
なかなかたくましく育ってきています。

年の近いお兄ちゃんが2人いて、可愛がられつつも攻撃され、常に構われている娘はどんなふうに育つのかな。3人3様、楽しみです^ ^

2014.02.24 | | コメント(0) | トラックバック(0) | 日々のできごと・感じたこと

恋するフォーチュンクッキー、こだいら未来会議Vr.

恋するフォーチュンクッキー、こだいら未来会議バージョンで踊らせてもらったのですが、このことでブログを書こうと思っていたら、happinessnude+のグループメンバーとして踊ったmoon gardenのあきちゃんが、私が書こうと思っていたこと、想いを、ほぼそのままブログに書いていたのて、そのままリンクを載せさせてもらうことにしました^_^


あきちゃんのブログ(踊ってる動画つき♪)


私も、同じ気持ちで活動しています。


家族と暮らすこの場所で、

特別じゃない日常を、

自分らしく、大切に、心地良く暮らしていきたい。


私自身がそうしたいし、

その手伝いがしたい。


まだまだ微力ですが、少しづつ進んでいきたいな。



2013.12.17 | | コメント(0) | トラックバック(0) | 日々のできごと・感じたこと

ストレスに向き合ってみた。

なんだかこのところ弱ってます。

家族や自分が病気になって引きこもり生活が続くと弱るけど、今回もまたしかり。

で、ちょっとその弱さとストレスに向き合ってみようかと。

いつもは家事全般が割と好きなんだけど、洗濯物があまりに大量になって追われるようになってから、洗濯があまり好きではなくなってきた。

片付けても片付けても子どもたちが速攻で散らかすから、片付けるたびにイライラして、掃除もそんなに好きではなくなってきた。

料理を作っている間ずっと、娘が全力でヒステリックに泣き叫ぶようになり、抱っこおんぶしながらの料理がちょっとしんどくなってきた。

最近毎日娘が夜中に何度も起きるので、朝から疲れた気分になり、支度が進まない子どもたちにイライラして、なかなか出発できないでいる間に娘がおっぱいを欲しがり、遅れているのにと焦りながら授乳。さらに遅くなる。

このままではいけない、とりあえず少しでもストレスのもとを取り除こうと、いつも子どもたちが散らかすものを、もっとすぐに片付けられるよう、カウンター下にオープン棚を設置。

うん、少しストレスが減った。

でも、やっぱり本当に少し。


ちょっと前までは子ども2人が保育園に行って娘が昼寝している間に集中して仕事することがストレス解消だったりもしたのだけれど、最近の娘はとにかく寝ない。

そして、まともに昼食も食べられないまま、昼すぎにはお迎え。

それでも当然保育料はかかる。

これまたストレス。

そこで、考え方を変えてみる。

次男は保育園にお友達や先生と遊びに行ってるんだ。その間、娘が寝れば仕事ができるし、寝なかったら娘と1対1で向き合える時間ができた。やりたいことに繋がる講座にも、少し参加できるようになった。

少しストレスが減った。


それでも子どもがウイルス性の胃腸炎をもらってきたのを皮切りに、私も子どもも体調がイマイチ。みんなしてちょっとしたことで爆発。

体調が悪くても、休日もクルクル動かなきゃいけなくて、子どもがいてはゆっくりすることはほとんどかなわなくて、主人が家事を手伝ってく れても、私がゆっくり腰を落ち着ける時間は作れず、主人に感謝の気持ちはあれど、自分は要求されるばかりで感謝されないことがむなしくて、主人には感謝をうまく伝えらずに嫌な気にさせたり。

長男は自分が話したいことはずっと喋り続けているのに、私の話は右から左でそのことにまたイライラしたり。

なぜ、雨ニモマケズのような気持ちになれないんだろう、と自分の器の小ささに落ち込み。


だけど、ここ数日で人と話す機会がたくさんあって、自分の中にある志、不安、そういったものをきいてもらったり、他愛のないことでも目と目を合わせて会話をすることで、すごく心が軽くなった。

たくさんストレスが減った。


そして、今朝は長男も次男も色々やらかしてくれて、その結果、長男は劇の練習に遅刻。私は怒ったり自己嫌悪に陥って泣きたくなったり。

またストレスがプラスされた。


今夜は主人がいないので、もうこうなったら子どもたちを一緒にカラオケに連れて行って歌って、夕飯もそこでとってしまおうか。でも、早く寝かせたいし、帰りたくないとか騒がれたらまたストレス溜まるか、、、

そんなことを考えがら次男を迎えに行ったら、寝ぼけまなこで目がガチャピンみたいになってる。かわいい。

行くよー、さぁ、立っち。
と言ったら、ガチャピンが手にタッチしてきた。かわいい。

けっこう癒された。


子どもって、ものすごくストレスを与えてくれるけど、たくさんの癒しや元気も与えてくれるんだよね。

今日は自分のために子どもたちが好きな甘めのカレーでも作って、美味しいって言われて、もうちょっとだけ癒されようかな。

2013.12.12 | | コメント(0) | トラックバック(0) | 日々のできごと・感じたこと

必然、ということ。

私は本が大好きで、高校から社会人になるまでは、年に500冊ほど読んでいたと思います。

アイデンティティが固まる前の思春期に本をたくさん読んでいて良かった、そのおかげで、若いうちに色々な考えを吸収することができたと思っています。

また、自分にとって大切な言葉に出会えたもの本のおかげです。

私にとって大事な言葉はたくさんあります。

バランス、中庸、必然・・・・・


最近はこの「必然」を感じることがとても多いです。


偶然と必然。

偶然は、因果がなく起こるもの。
必然は、自分が選んだことの結果。起こるべくして起こったこと。


私は、ある時点から自分に起こることは、ほとんど必然だと考えています。

自分が選んだことの先で出会った縁は全て必然だと。


私にとっての点は、高校入学です。


先輩から自由な校風について聞いていいなと思い、自分でその高校に入ることを決め、勉強して入学しました。

その高校の部活で知り合った男友達は、私の人生においてかなり大きく関わってくることになりました。

尊敬できる友人に会えたゼネコンでのバイトを紹介してくれたのも、こないだまで勤めていた設計事務所を紹介してくれたのも彼。

結婚した主人と出会うきっかけとなったのも彼。


また、自分を丸出しにして他人と深く関わって暮らすことの楽しさ、心地よさを教えてくれたのは、ルームシェアした高校の女友達でした。


高校でやった演劇に興味を持ち、舞台意匠がおもしろそうだぞ、と思って、空間デザインを学べる大学を選びました。

女子大だったのですが、現在、母でありながら仕事をし、励みになっている友達と出会いました。


本当は日本の大学ではなく、舞台意匠だけを学べるアメリカの大学へ留学をするつもりでしたが、家庭の事情で高3の秋に進路変更、そこで浪人を選ばなかったのも、惰性で大学卒業後の留学への道を選ばなかったのも自分自身。

留学を選ばなかったけれども、空間デザインも自分のやりたいこととちょっと違う気がして、遠回りだと思いつつも、その後に入った建築の専門学校で知り合った先生に大きな影響を受け、最初に勤めた設計事務所を紹介してもらい、図面の線1本の大切さを学びました。


今の主人と出会い、この人なら家族を大切にしてくれそうだと結婚を意識しました。

そして主人との間に子供を授かり、自分の暮らし方、働き方を考え、私なりの衣・食・住を提案することを職にしたいと願い、できることから少しづつ始めました。

環境が気に入って選んで住み始めたこの場所には、相手のことを思いやれる人たちがたくさん住んでいて、

やりたいことに向かって進んでいる仲間がいる。

応援して、支えてくれる方たちがいる。

そして、何よりも大切な家族がいる。


すべて、必然なんだと感じています。


だから、この先何十年後どうなるかはわからないけれど、今は、自分が選んできた道に自信を持って、

その道での必然の出会いに感謝して、進んでいきたいな、と思っています。


これからも起こる、そして、出会う必然。

辛いこともあるだろうけれど、楽しみな気持ちの方が強い。

そのことが何よりも嬉しいです。


*ちぃ*

2013.10.05 | | コメント(0) | トラックバック(0) | 日々のできごと・感じたこと

お元気で。

おばあちゃんが亡くなった一週間後、義父が亡くなりました。

ものすごくパワフルなおとうさんで、病気がわかってからもパワフルに生活していました。

1週間前まで父の日にみんなで家に集まってお祝いしようと言っていたのに、急変して、本当にあっという間でした。


主人はすでにお母さんも亡くしているので、両親共にいなくなってしまいました。

どれほどの喪失感でしょうか。
どれほどの悲しみでしょうか。
どんなに辛いでしょうか。

推し量ることはできても、両親ともに健在の私にはその気持ちを完全にわかってあげることはできません。

だからせめて、私たち家族が主人の心の拠り所になれるよう、祈ることしかできません。


おとうさんが亡くなった後、主人が言いました。

「もうすでに、親父から生き様を受け取った」と。



子育て4訓と言われているもの。


1.乳児はしっかり肌を離すな

2.幼児は肌を離せを離すな

3.少年は手を離せ目を離すな

4.青年は目を離せ心を離すな


そうして最終的には、親がいなくてもしっかり自分の足で立てる、自立した人間にする。
それが子育ての終着点。


おとうさんはそれを全うし、そしていかれたんですね。


明日はお通夜、明後日は告別式です。


あれだけパワフルだったおとうさんは、まだまだパワーを残しているような気がしてなりません。

だから、亡くなったおとうさんの顔を見ても、さよならと思うよりも、つい思ってしまうのです。

おとうさん、あちらに行ってもお元気で、と。

2013.06.18 | | コメント(0) | トラックバック(0) | 日々のできごと・感じたこと

もうすぐお正月☆

あと3日でお正月ですね。なんだかあっという間の1年でした。

我が家の風邪も少しづつ良くなり、バタバタと忙しい日々を過ごしています。


そんな中、正月用のお飾り作りました(*^_^*)

P1030689.jpg



このお飾りの扇子や水引き、実はご祝儀袋を使ったもの。結婚式で頂いた数々の綺麗なご祝儀袋を捨てるのは忍びなかったので、まとめてとっておいて、毎年こうして扇子を作ったりして正月飾りにしています。

こういうのっていいのか悪いのかわからないけれど、ものを大切することが好きな神様は喜んでくれるはず・・・と信じて作っています。


鏡餅も作りました☆

って言っても、こねるのはHBまかせですけど、気分だけは心を込めて。


P1030695.jpg



鏡餅の横にある鞠は、主人のおばあちゃんが作ったもの。形見にいただいたのですが、とっても綺麗です。

その横にあるこけしちゃんたちは主人のお母さんが集めていたものの一部。こちらも形見にいただいたもの。ひとりひとり表情が違って、とってもかわいいです。

私たちが付き合う前になく亡くなられてたので、一度もお会いすることがなかったのですが、こうやってこけしちゃんたちと顔を合わせていると、一度でいいから会ってお話してみたかったなぁ~、と思うのです。


さて、毎年頑張っておせちを作ったりしていましたが、今年は黒豆と栗きんとんだけ。


P1030690.jpg



なぜなら、地元である今日の同窓会から年始までずーっと実家だから。大量に作った黒豆と栗きんとんを持って実家へ帰りまーす。

病気続きの中忙しい毎日が続いたけど、ゆっくり羽伸ばそ☆

・・・と言いつつ、デパート勤めの母は年末年始いない日が多いので、結局実家で働かされそうですけどね(汗)


最後にお知らせさせてください。

サンポラボのオンラインショップが開店いたしました!!!
↓↓↓
http://sunpolabo.shop-pro.jp/


いきなり年末年始休業はいりますけど(汗)、のぞいてもらえたら嬉しいです!!


それでは良いお年を。来年もよろしくお願いいたします!!!

ちぃ

2012.12.29 | | コメント(0) | トラックバック(0) | 日々のできごと・感じたこと

オノマトペな日常

私の日常をオノマトペであらわしてみると、

ガバッ!バタバタ、トントン、ガコンガコン、ガサガサ、カチカチ、ニコニコ、バタバタ、パクパク、ガミガミ、バタバタ、パンパン!ガシャガシャ、ガミガミ、チャリチャリ、ニコニコ、バタバタ、チャリチャリ、ガーガー、カタカタ、ポリポリ、カチカチ、ジャバジャバ、トントン、パクパク、ニコニコ、パラパラ、カチカチ、トコトコ、パタパタ、ポリポリ、ドタバタドタバタ、チャリチャリ、ニコニコ、バタバタ、ガミガミ、パンパン、トントン、パクパク、ガミガミ、ジャバジャバ、ガミガミ、シャー、チャプチャプ、ガミガミ、ニコニコ、ガミガミ、パラパラ、グーグー・・・。

こんなかんじです。


何が言いたいかといいますと、

いつもバタバタしてる、ってことではなく、

ぽりぽりお菓子を食べてることが多い、ってことでもなく、

ニコニコより、ガミガミが多い、ということなのです。

良くないですよね。。。



そういえば、長男が第一希望の保育園に転園できることになりました。

毎日、新しい保育園を嫌がっていた長男。

第一希望の園は以前通っていた保育園の子4人がいるし、みんな仲良かった子達なので、心機一転して楽しく通ってくれると嬉しいです。


私とってもいい機会。もっとニコニコが増えるようにこころがけたいと思います☆

2012.05.31 | | コメント(0) | トラックバック(0) | 日々のできごと・感じたこと

5月雑記

相変わらず子供が交互に熱を出したり、PCがネットつながらなかったりしている間に、またもや間があいてしましました。

さて、何から書きましょうか。。。


前回ブログを書いたのはGW前半。

後半は泊りがけで富士急ハイランド(トーマスランド)&御殿場アウトレットに行ったり、西武園ゆうえんちで戦隊ショーを見たりしていました。

富士急ハイランドは大雨になってしまい、アトラクション7割程度停止だったのですが、おかげでGW中だったにも関わらず、3D上映は全く待たずに入場でき、乗ったアトラクション3つは家族貸切でした。貸切メリーゴーランドはなかなか優雅でした。

宿泊先の温泉大浴場がかなり気に入った長男。

次の日、家でお風呂に入ろうと言ったら、

「ちっちゃなお風呂やだ!!」

だそうで。そりゃママも大きなお風呂のほうがいいよーー。


そういえばお知らせが。

主人が単身赴任から帰ってきました!!


今度は都内の現場になり、毎日家から通っています。

移動直後は毎日飲み会ばかりで心の中でブーたれていたのですが、今はそれも落ち着いて、やっと家族4人水入らずの生活を送れています。

子供が起きる頃に家を出て寝る頃に帰ってくるので、直接何かをしてもらうというわけではないのですが、やっぱり毎日お父さんがいることで長男は嬉しそうだし(次男は特に変化無し)、私自身も夜中の物音や戸締りを気にしなくて良かったり、子供が病気で家にひきこもり状態になる時に、少しでも話す人蛾いるというのは精神的にけっこう違うなと思いました。

最近ケーキ作りにはまっているようで、先日はチーズケーキを作ってくれました。

P1030399.jpg


子供の喜ぶ顔が見たいというのは、父親も母親も一緒ですね。


創作活動も続行中です。

マキシムバルーンワンピ

P1030396.jpg


これ、IKEAのインテリア用ファブリックなのですが、こんな感じのワンピにしたらかわいいかも!!と思って買っておいたもの、ようやく形にしてみました。

結構重たいかんじになってしまったので、もう少しフワッと感が出るように試作を重ねてみたいと思います。



次はキモノエプロン

P1030386.jpg


義姉への新築祝いに作りました。
主人のお母さんの形見の着物をエプロンにリメイクしたもので、裏地に若草色のコットンを使って和の雰囲気を維持しつつ、裾にフリルを入れてみました。


そうそう、昨日の金環日食、長男と一緒に見ました。ほんとに指輪みたいで、貴重なものが見れました。日食グラスかなり前にゲットしといて良かった~。


5月17日、18日、21日、22日と立て続けに友達の子供が生まれたのだけれど、もしかして日食が関係あったりするのかしら。
出産は月の満ち欠けに関係するって言いますもんね。


そういえば、高校の友達たちが子供連れで遊びに来てくれました。
久しぶりに会えてすごく嬉しかったです。

子供たちはみんな男の子。うち2人は双子ちゃん。

1歳4ヶ月の次男はまだまだ赤ちゃんだと思っていたけれど、こうしてみるとすっかりお兄ちゃんでした。

P1030410.jpg



2012.05.22 | | コメント(4) | トラックバック(0) | 日々のできごと・感じたこと

私自身の将来は、今この瞬間ここにある

長男の嘔吐下痢が落ち着いてきたと思ったら、今度は次男にうつっちゃいました。

次男は3週間前くらいに嘔吐下痢症にかかったばかりだから平気かなと思っていたのですが、どうやら違うタイプのものだったらしく、しかも前回よりの断然強力で、昼も夜も寝ている時も、上から下からずっと症状が出ています。

幸いイオン飲料は飲んでくれるので脱水症状にならなくて済みそうですが、まともに寝ることもできなくてかわいそうです。。。

しかも週末帰ってきていた主人にも感染っていたらしく、新潟でひとり苦しんでいたようです。かわいそうに。。。


一番感染源に触れていた私はなぜか無事。だけど何故か喉と熱の風邪に。

不思議だわー。でもおかげで子供たちの看病ができて良かった。

毎日洗濯機を10回くらいまわし、ひたすら部屋中を殺菌してまわっている現在、私まで一緒に下痢嘔吐症にかかって動けなくなっちゃったら、部屋中がどうなるか、想像しただけでもゾッとします。。


そんなこんなでちょっとしんどい今週ですが、頑張れ頑張れと自分をふるいたたせて看病したり仕事したりしているうちに、ふとなんとなくある言葉を思い出しました。

京都の大仙院に立っている看板に書いてあった言葉。


***********************************************

今こそ出発点


人生とは毎日が訓練である

わたくし自身の訓練の場である

失敗もできる訓練の場である

生きているを喜ぶ訓練の場である

今この幸せを喜ぶこともなく

いつどこで幸せになれるか

この喜びをもとに全力で進めよう


私自身の将来は

今この瞬間ここにある

今ここで頑張らずにいつ頑張る


***********************************************


実は私の父がこの言葉に強く感嘆を受け、子供の頃ずっとこの言葉がトイレに飾ってあったのです。

「私自身の将来は、今この瞬間ここにある」というフレーズを読むたびに、今頑張ろう、と思ったのを覚えています。

そういえば私も、昔のプリウスのCM「あしたのために、いまやろう。」というコピーが大好きでした。


言葉の持つチカラって大きいですよね。

さ、明日のために、いまがんばろ。

まずは夜中に出た大量の洗濯とゴミ捨てから。


雨上がりのニチニチソウは綺麗です。

P1030235.jpg

2012.04.12 | | コメント(2) | トラックバック(0) | 日々のできごと・感じたこと

«  | ホーム |  »

visits

プロフィール

ちぃ

Author:ちぃ
猪突猛進系。
思い立ったら即行動。
嘘をつくのは苦手です。

2男1女の母となり、あっさり親バカになりました。

アトリエ9建築研究所等で不動産コンサルタント1年、建築デザインの設計監理5年経験。出産育児による退職後はsunpolaboを主宰し、暮らす服や雑貨のデザイン開発から制作までを行っています。また、ひとりひとりのポテンシャルを最大限に活かす生活空間づくりの提案等、「まんま暮らし」な衣食住を提案しています。

宅地建物主任者
福祉住環境コーディネーター2級
整理収納アドバイザー1級

家の前は緑溢れる自転車道で近くには小金井公園があり、いつも四季を感じて生活しています。

色とりどりに美味しそうなものが詰まった御膳のようなブログが書けるよう、精進したいと思います。

sunpolabo

sunpolabo online shop(サンポラボ オンラインショップ)

amazon

検索フォーム

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。